HOME>注目記事>これから物件を超える場合に知っておいた方が良い知識とは何か

不動産会社に支払うお金

女性

営業支援の会社の社員がこれから高円寺で賃貸物件を借りる場合には、諸費用を支払うが基本になります。諸費用に関しては、様々なジャンルがありますがその中でも比較的大きな支払いがあるのは、不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料は、概ねその家賃の1ヵ月分ぐらいになります。高円寺ならば、一人暮らしの家賃が70,000円前後になるはずですので不動産会社にもそれぐらいのお金を支払うはずです。家族で借りるような3LDKの場合には100,000円位かかることが予想されるためその準備を事前にしておかなければいけません。それ以外にも、保険として支払うお金も頭に入れておくべきです。

不動産の周辺を確認しておく

マンション

これから高円寺で不動産を変える場合には、周辺の物件を確認しておく必要があります。例えば、営業支援会社の社宅として借りる場合も可能な限り便利で静かな場所に借りるのが良いでしょう。もし、便利なところに借りたい場合には駅前が良いですが繁華街の可能性もあります。可能な限り、高円寺の駅の近くで繁華街から離れているところ賃貸物件を借りるのが良いです。後は、可能な限り大通りに面していないところや仮に面していたとしても音が響かない設計になっているところを選びましょう。

物件を退去する場合の注意点

男性

高円寺で賃貸住宅を借りる場合には、この限り退去するときのことも考えておいた方が良いです。賃貸住宅を借りて退去する場合は、借主に原状回復義務が課されます。この原状回復とは、正規の状態に戻すことを意味しています。そのため、もし壁などに穴が開いているときにお金を支払わなければならないでしょう。仮に敷金を入れていたとしても、その敷金をオーバーしてしまうような修理費用の場合には、追加でお金を支払わなければならなくなります。

広告募集中